【Node.js入門】npmを使ってNode.jsプロジェクトを作成する方法

Node.js

こんにちは。まさきです。

今回はnpmを使ってNode.jsのプロジェクトを作成する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

npmとは

npmとは何かといいますと、ウィキペディアの説明がわかりやすかったので、引用して説明します。

npmとはパッケージ管理システムの一種。Node Package Managerの意。 ライセンスはArtistic License 2.0。Node.jsのパッケージ管理システムであり、V8 JavaScriptエンジンで動作する。npm自身もJavaScriptで記述されている。

npmとはNode Package Managerの頭文字を取っていて、一言でいうとNode.js向けのパッケージ管理システムです。

パッケージの管理をすることでモジュールを簡単にインストールできたり、どのモジュールがどのファイルで使われているかを見つけやすくなります。

ここで言っているパッケージにはフロントエンドでよく使用されるjQueryとVue.jsのモジュールや、バックエンドで使用されるExpressのモジュールのほかに、ESlintのようなコードチェックするものもあります。

他にはvue-cliやwebpackのようなプロジェクト単位で管理しているパッケージもインストールできます。

このようにnpmで使用できるパッケージには様々なものが公開されているので、npmを使うことで簡単に開発環境を作ることができます。

またnpmと同じ使い方をするものでyarnがあることも覚えておいてください。

Node.jsはnpmを使わなくても動かすことができますが、基本的にnpmを使ってコーディングします。

npmを使わないでNode.jsを実行する方法が気になる方はこちらをご参照ください。

npmを使ってプロジェクトを作る方法

npmはコマンドを使って実行します。

npmを使うためにはまず、Node.jsをインストールする必要があるので事前にNode.jsをインストールしてください。

Node.jsをインストールできたらnpmでプロジェクトを作っていきます。

作業用フォルダの作成

まずは今回プロジェクトを作るのに使うフォルダを作成します。フォルダはどこにつくっても問題ありません。

フォルダを作ったらコマンドプロンプトを開き、cdコマンドで作成したフォルダのディレクトリ(場所)に移動します。

今回私は『20200129』というフォルダを作ったので
cd c://work/node/20200129
とコマンドプロンプトで実行してディレクトリを変更しました。

ちなみにコマンドプロンプトからフォルダを作成際に、mkdirコマンドが使えます。

package.jsonの作成

ではここから本格的にnpmを使います。

先ほど移動したフォルダで以下のコマンドを実行してください。

npm init

実行するといくつか質問されます。すべて何も入力せずEnterで進めてください。
最後まで進むとこのように表示され、package.jsonが作成されます。

package.jsonはこちらです。内容は今回気にしなくていいのでpackage.jsonが作成されていれば成功です。

では、package.jsonとはなんなのでしょうか。

package.jsonとは、Node.jsのプロジェクトが依存するパッケージの情報をまとめるjsonファイルです。
これから新しくパッケージをインストールするとpackage.jsonに書き加えられていきます。

補足として、package.json作成時の質問内容の意味はこのようになっています。

  • package name・・・プロジェクト名
  • version・・・プロジェクトのバージョン
  • description・・・プロジェクトの簡単な説明
  • entry point・・・エントリポイントに指定するファイル
  • test command・・・テスト用のコマンド
  • git repository・・・Gitに公開するリポジトリのURL
  • keywords・・・プロジェクトのテーマなどのキーワード
  • author・・・プロジェクトの作成者名
  • license・・・ライセンスの指定

後半はGitに公開する内容なので、公開しない場合は入力が必要ありません。

エントリポイントはnpmを実行したときに呼び出されるファイルのことを言います。

使いたいモジュールのインストール

では個別に使いたいモジュールをインストールする方法です。

今回はNode.js定番のexpressをインストールします。

インストール時は『npm install モジュール名 オプション』の形で実行します。

以下のコマンドを実行してください。

npm install  express --save

実行するとこのような結果になり、node_modulesというフォルダが作成されます。

また、package.jsonを見てみるとexpressが追記されていることが確認できます。

package.jsonに記載されていることで、node_modulesのフォルダが削除されても、npm installを実行すれば同じバージョンの同じモジュールをインストールすることができます。

ファイルの実行

これでnpmプロジェクト作成を終わりですが、expressを使って実行してみましょう。

ではpackage.jsonのエントリポイントに記載されているファイル名[「index.js」でファイルを作成します。

index.jsが作成できたら以下のコードを書きます。

//モジュールのインポート
const http = require('http');
const express = require('express');

//expressオブジェクトの生成
const app = express();

//getでリクエスト時に処理するコールバック関数指定
app.get("/", function(req, res){
    return res.send("Hello World");
});

//サーバの設定
const server = http.createServer(app);
server.listen(3000);

ではnode.jsの実行をします。以下のコマンドを実行してください。

node index.js

これでサーバが起動しますのでこちらのURLにアクセスします。

http://localhost:3000/

Hello Worldが表示されていれば成功です。

これでインストールしたexpressモジュールを使ってプロジェクトを作成して、実行することができました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
Node.js
スポンサーリンク
この記事を書いた人
まさき

25歳の社会人3年目のシステムエンジニアです。
未経験からIT企業に入社して業務や、業務外でも学習することでプログラミングが書けるようになりました。
得意なのはHTML,CSS,JavaScript。最近はVue.jsとGASを勉強中です。
本を読むことが好きなのでIT技術書以外にもたくさん読みます。
好奇心旺盛でとりあえずやってみる精神です。
楽しいことが生きがいで、仕事も私生活も楽しくなるように日々奮闘中。

まさきをフォローする
シェアする
まさきのエンジニア図書館
タイトルとURLをコピーしました